FC2ブログ
一昨日、突然宮崎にいる大学時代の先輩から、「席が空いたから来ないか」とのお誘いがあり、聴講してきました。

『月刊現代』休刊とジャーナリズムの未来を考えるシンポジウム

第一部 いまそこにあるジャーナリズムの危機
第二部 ノンフィクションの過去、現在、そして未来

こんなお題だったのですが、第一部は検察に関する話題が中心。佐藤優からかなり際どい話が出て、それに田原総一朗が応酬するという展開で非常に面白かったです。

第二部は、お題に沿った感じで進められ、面白い話は余り聞けませんでした。ただ、ライターの方々が今回の休刊に危機感をもたれていることは、よく伝わってきました。

その後、新橋で前回の自民党総裁選にも出馬した議員の私設秘書をボランティアでやっている先輩も交え、情報交換をしました。

こちらも結構政治の裏の裏みたいな話が聞けて、非常に刺激的でした。


外国人の就労ビザ、永住ビザ、配偶者ビザ等各種在留資格の申請取次は・・・・・・
東京ビザナビゲーターバナー


スポンサーサイト



 新聞でタイトルを見て気になっていたこの本。

いつもはポイントやマイレージの関係もあり楽天ブックスで買うのですが、調べたところ「取寄せ(メーカーに在庫確認)」となってました。amazonでの評価も良かったため、「一日も早くとにかく読んでみたい」という誘惑に勝てなくなり、昨日新宿の紀伊国屋書店で購入してしまいました。

読書スピードの遅い私でも、昨日の電車の帰り道30分と今朝2~3時間くらいで読み終えてしまうくらいのページ数&読みやすさでした。

しかしながら、内容はかなり実践的かつ事例も豊富で、「自分もやってみよう」と心動かされるものでした。

安易な値引きをせず、商品を自信を持って売ることの重要性を改めて認識させられました。

必読です!




外国人の就労ビザ、永住ビザ、配偶者ビザ等各種在留資格の申請取次は・・・・・・
東京ビザナビゲーターバナー

火、水と先輩の先生に会う機会がありました。

火曜は、外国人在留研究会の無料相談会に初参加。

一般の方からの相談は1件だけでしたが、入管業務を専門にされている大先輩から、今後の参考となる話を沢山聞けました。

また、会長の黒澤先生からは「オレについてくれば、徹底的に指導してやる。災難だと思え」というありがたい言葉もいただきました(笑)
来月17日(金)には、仕事塾で講師をされるとのことで、翌日早速申込をしました。


水曜は、支部の先輩で、離婚業務を専門にご活躍されている中野先生のオフィスへお邪魔しました。
2週間ほど前に先生から突然連絡があり、「若手が安心して業務に入れる環境づくりをしたい。そのためにまず有志で集まっていろいろやってみないか」とのお誘いでした。勿論二つ返事でOKし、お会いすることとなりました。
午後5時にオフィスに伺い、2時間近くHPの作り方、SEO対策等について伺った後、場所を移してお酒を飲みながらの熱い語り合い。気づいてみたら、11時でした。

こうしてつながりが広がってくると、自分の目指すべき道(外国人関連業務)がよりハッキリしてきて、やる気も断然湧いてきます。行政書士という仕事は、ともすれば一人思い悩んでしまうこともあるので、こういったつながりは本当に重要だし、ありがたいものです。感謝感謝。


外国人の就労ビザ、永住ビザ、配偶者ビザ等各種在留資格の申請取次は・・・・・・
東京ビザナビゲーターバナー


今日は在留資格変更手続き(「留学」→「人文知識・国際業務」)で、東京入管へ行ってきました。

11時過ぎに着いたのですが、証印をもらう人の列が廊下にはみ出ていて、まさに長蛇の列。4月から就職して働き始めるのでしょう。卒業証書を持って来ている人がかなり見受けられました。

カウンターに辿り着くまで、約30分。その後整理番号をもらい、テレビでWBCを観たり、お昼をとったりして待つこと2時間。やっと変更のスタンプをもらえました。

すぐに再入国許可のカウンターに行って整理券をとりましたが、こちらも138人待ち。ただ、書類を出してスタンプをもらうだけのため、待ち時間は30、40分程度で済みました。

入管の職員の方は、この時期は休む暇もなく仕事を処理していかなければ追いつかないため、本当に大変です。そして入管に来て、じっと自分の順番が来るまで待っている人たちも、これまたお疲れ様です、とつくづく感じました。かく言う私も、今日は結構待ちくたびれました(笑)

以下、この時期これから入管へ行かれる方へのアドバイスです。

  • 朝一番で行けば、並ばずに済むと思います。
  • 必要な収入印紙は事前に郵便局で購入しておきましょう。入管のコンビニで買うと、並ばなければならないため、時間のロスになります。
  • 自分の証印受け取り番号が近づいてきたら、再入国許可の整理券をもらっておきましょう。待ち時間短縮につながります。
  • 本、雑誌、ゲーム機なんかを持っていけば、待ち時間に退屈しないで済むでしょう。また、再入国許可申請書を準備しておくのも良いでしょう。



外国人の就労ビザ、永住ビザ、配偶者ビザ等各種在留資格の申請取次は・・・・・・
東京ビザナビゲーターバナー

振り込め詐欺の被害に遭ったら泣き寝入りするしかない」と諦めている人も多いと思うんですが、ナント!お金が戻ってくることもあるんですよ。

といっても、法律自体は2009年6月21日施行のため、もう少々お待ちいただくことになります。

この法律「振り込め詐欺救済法」という名前です。正式名称は「犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律」と言います。ウーン長い。

これまでも被害に遭われた方の特定が出来れば、返還はしていたのでしょうが、この法律によってきちんとしたルールができたと言えそうです。

  • 振り込んだ口座(以下「犯罪利用口座」とします)に1,000円以上残高がある
  • 各金融機関または預金保険機構のホームページの公告を確認し、犯罪利用口座があれば、被害金支払いの申し出を金融機関に対してする

上記2つの条件を満たすことで、返還を受けることが出来ます。

金融機関への申し出は、

  • 申請書
  • 本人確認書類
  • 振り込みの事実を確認できる資料
の3点が必要になります。

また、支払額については、以下のようなルールになってます。

  • 被害者が一人で、犯罪利用口座に振り込んだ総額が残っていれば、全額支払われる(って銀行で貰ってきたパンフレットに書いてあったんだけど、被害者全員分残っててもいいんだよね?)
  • 振り込み総額に達しなくても犯罪利用口座の残高以上の支払いはない
  • 被害者が複数の場合、振り込み金額に応じ按分される

当然のことながら、犯罪利用口座に振り込み金額以上残っていても、振り込み金額以上は返還されません。その場合、どうなるのかは不明。銀行がもらっちゃう!?訳ないよねぇ。

返還を受けるまでに、

  1. 犯罪利用口座について、残高に対する口座名義人の権利を失わせる
  2. 権利が失われた犯罪利用口座について、被害者に対する被害金支払う

という2つの手続きがあり、?に60日以上、?に30日以上要する都合、実際に支払われるまで90日以上かかります。

【振り込め詐欺等の被害金支払の流れ】
  1. 被害者が警察と金融機関に申し出
  2. 預金保険機構が犯罪に利用された口座の公告をホームページに掲載
  3. 被害者が振り込んでしまった口座がないか確認
  4. 預金保険機構が被害金支払を受け付ける公告をホームページに掲載
  5. 被害者が振込先の金融機関に支払を申請
  6. 金融機関が被害金を支払


法律が整備されることは良いことですが、現実には以下のような問題があるんじゃないでしょうか。

  • 被害に遭うような方はお年寄りが多く、パソコンを操れない。よってホームページの情報に気づかない
  • そもそも犯罪者側が口座にお金を入れっぱなしにしておくわけが無い


ってこれじゃ、何のための法律?


外国人の就労ビザ、永住ビザ、配偶者ビザ等各種在留資格の申請取次は・・・・・・
東京ビザナビゲーターバナー



中国の古典『禮記』にある言葉。

「大道之行也、天下爲公」で一つの文章になります。
「大道が行われる時、天下は人々が共有するものとなる」と言う意味の、本来為政者の為の言葉です。

麻生首相が好んで「天下爲公」を使用されているようですが、全く知りませんでした(^^;

この言葉をブログのタイトルに選んだのは、敬愛する孫文が好んだ言葉の一つだったからです。
そして更に、行政書士として「天下爲公」、現代風に言えば「お客様第一主義」(?!)を常に心がけたいという願いも込められています。

とはいえ、ここではおカタイ話だけでなく、力を抜いてリラックスできる話まで幅広く取り上げていきますので、楽しんでいってください。


外国人の就労ビザ、永住ビザ、配偶者ビザ等各種在留資格の申請取次は・・・・・・
東京ビザナビゲーターバナー

茨城の超個性派行政書士です

  行政書士だよ、桃兎のブログ!

外国人在留資格研究会でお世話になっている小松原先生のブログです
  僕の行政書士的日常

超便利・超お役立ち!ブログパーツをお探しならブロパ.jp
  無料ブログパーツ




外国人の就労ビザ、永住ビザ、配偶者ビザ等各種在留資格の申請取次は・・・・・・
東京ビザナビゲーターバナー

超便利・超お役立ち!ブログパーツをお探しならブロバ.jp