FC2ブログ

経費削減で固定電話回線を解約することにしました。
電話については携帯もあるのでなんとかなるのですが、FAXについてはお客さんがネットを使っていないこともあるので、どうしても必要。
だからと言ってお金はできるだけかけたくない。
で、いろいろとネットで調べていたら、D-FAXというサービスに辿り着きました。
送信はできないけれど、受信はタダ。
送信は、1日2通、10MBまたは10枚までという制約があるものの、そんなにファックスする必要もないので、完全無料で登録不要のmyfaxを使うことにした。
ホームページにもある通り、D-FAXは今キャッシュバックをやっているということで、早速登録してみた(このブログはキャッシュバックのためでもあります)。
登録完了後、今ある固定電話回線からファックスを送信。
「送信が完了しました」とファックス機を聞き、メーラーの送受信ボタンを押したら、すぐメールが届きました。
最初、添付のtiffファイルをそのまま開いたら、送った文書が横長のA4サイズで表示され、文字が平べったくなってしまった。
「ありゃ、こりゃ使えないかな?」と一瞬思ったが、FAQにあったFAXデータの閲覧方法についてを確認し、Windowsフォトギャラリーで閲覧したら、きちんと見ることができました。

送信文書

受信文書

上が送信文書、下が受信文書(印刷したもの)をスキャンしてjpgで保存したものです。
これなら全然問題なく使えますよねっ!
注意しなければならないのは、

  1. 海外からのファックスは受けられないこと
  2. 3か月利用がないと契約が解除されてしまうこと

くらいでしょうか。
1はどうしようもないので、相手に郵送かメールにファイルを添付してもらうしかなさそうです。
2については、オプションサービスに入れば心配はないですが、カスタマーサービスに確認したところ、お知らせのメールが送られてくるそうなので、その時点で自宅のファックス等から1回送れば回避できます(カスタマーサービスの方も「みなさんそうしてます」と言ってました)。

パソコンとWi-Fi環境があれば、電話の加入権、FAX付き電話機なしでもFAXの受信が可能です。
「これから独立開業したいけれど、余計な経費はかけたくない」という方にはおススメですよ。

スポンサーサイト



月曜、このブログでお話した(『東村山で災害ボランティア』)、災害支援物資仕分けのボランティアに行ってきました。
9時ちょっと前にウインローダーさんの倉庫に着いたときには、既に7~8名くらいの方が来ていました。その後も人数は増え、最終的に昨日は30~40名くらい来ていました。
年齢層は20~30代中心でしたが、老若男女集まっていました。
私が話した人は渋谷区からわざわざ来ており、他にも遠くから来ていた人もいたのではないかと思います。
皆さん「被災された方のために何かできないか」との動機で集まっただけあり、最初は少々マゴマゴしていたものの、お互いに協力し合い見事なチームワークで、ドンドン支援物資をさばいていきました。
とはいえ、支援物資は沢山のJ-WAVEリスナーの方から続々と到着しているため、作業終了の時点でまだ何パレットも残っており、また明日となりました。
こうやってたくさんの方から支援物資が届き、中には箱の中に被災された方、そして我々ボランティアへのメッセージも入っていたりして、温かい心がとても嬉しかったのですが、いくつか気になったこともありました。

まず、送られてくるものに偏りがあるということです。
防寒着やタオルが圧倒的に多いのです。
しかも防寒着は上着ばかり。
ズボンであったり、肌着、下着といったものがもっとあった方が良いように感じました。
タオルは使っていないものばかりでしたが、もう充分ということで、ダンボールに詰めるだけでフタまではしませんでした(つまりすぐには送らないということです)。
これから送る方は、食料や生活用品といったものを送られた方が良いと思います。
水のいらないシャンプーがあるのを見て、「これは良いな」と感じました。
ヒゲ剃り、生理用ナプキン、紙おむつ、ウェットティッシュなんかももっとあって良かったかな。
逆に、子供のぬいぐるみは新品でない限りやめてください。
プラスチック製のオモチャなどは消毒しますが、汚れているぬいぐるみは廃棄処分となってしまいます。

次に、これはある意味致し方ないのかもしれませんが、明らかに要らないものを送っている人もいたということです。
「これは現状被災地の人に必要ないだろう」というもの、例えば美肌用化粧品とかネクタイといったものまで入っていました。

また、これは次回(といっても無い方が良いですが)以降の課題ですが、ボランティアスタッフを沢山募集し、集まった支援物資を開梱して再度詰めなおしたりといったことをするのではなく、仕分けをしないで済むように考えれば、より早く被災地の方に物資を届けられると思います。
例えば、J-WAVEが各市区町村に支援物資の集積場の提供をお願いし、そこに集まってきた物資を仕分けして箱詰めされたものをウインローダーの倉庫に送る。そうすれば、私のようなボランティアは箱をいちいち開梱して仕分けするという手間が省け(オモチャに関してはそうは行きませんが)、送る箱を選別するだけです。またガムテープ、倉庫の電力等の無駄も省けます。

こういうことはいつ起こるかわからないので、色々議論はあるかもしれませんが、これが昨日一日お手伝いしてみての感想です。
何はともあれ、また明日も朝からお手伝いにいってきます!

2011年3月23日(水)に予定していた、外国人在留資格研究会主催の無料相談会ですが、今回の東北関東大地震に伴う計画停電の関係で会場の利用が難しくなり、やむなく中止とさせて頂きます。
4月以降の開催につきましては、また改めてご連絡させていただきます。

さっきJ-WAVEを聴いていたら、救援物資募集のお知らせをやってました。

救援物資を被災地へ 「J-WAVE Heart to Heart つなげる、ココロ プロジェクト」に関して

仕事しながらで詳細を聴き損ねていたため、最後のほうしか聞き取れず、問い合わせ先の電話番号のみメモできました。
「042-398-3520ってうちに近いな」と思ってたら、同じ東村山市、しかも同じ恩多町内のウインローダーという物流会社でした。
ボランティアスタッフも募集しているということなので、明日と木曜お手伝いに行ってきます!
お近くにお住まいで、お時間のある方、一緒にやってみませんか?

支援物資に関する詳細とボランティアスタッフ募集について

日曜の夜、私のところにも友人から「確度は不明ですが」との前置きはありましたが、チェーンメールが転送されてきました。
こうした情報は親切であるとしても、真意が定かではないのであれば絶対送るべきではありません。
情報源の確かでない情報は信用せず、新聞、テレビ、ラジオ等から正確な情報を得るようにしましょう。
総務省からも以下のメッセージが出ています。

東北地方太平洋沖地震に関するチェーンメール等にご注意ください。

危険性を伝えるだけならまだしも、うがい薬を飲めば被爆しても大丈夫といった誤った情報もあるようですが、これは逆に人体に悪影響です。
さらに、ここから募金ができるといって怪しいサイトへのリンクが張られていたりするものもあるそうです。
皆が困っているときに、他人を騙すなんて下の下です。

この方、以前から問題発言&問題政策ばかりでしたが、今回も最低の発言してます。
生まれた時から何不自由ない生活してると、他人の気持ちを慮れなくなるのかしら。
都民として恥ずかしい限りです。

東日本大震災:石原知事「津波は天罰」

先ほどラジオを聴いていたら、今回の大地震、宮城県だけで1万人以上の方が亡くなられるだろうとのことでした。
岩手、福島といった被害の甚大なところはまだあるわけで、最終的にこれだけでは収まらないでしょう。
今、わたしたちのような普通の人は、何もできず、手をこまねいて、事の成り行きを見守り、救援活動をされている方にお願いするしかありません。
一秒でも早く、取り残されてしまった皆さんが救出され、避難している皆さんに暖かい食事が届くことを祈るばかりです。
私には今、義捐金を送ることしかできないので、国境なき医師団に少ないですが3,000円寄付しました。
皆さんもできる範囲で構いませんので、自分にできることをしていただければと思います。

외국인재류자격연구회는 일본에서 살고 계시는 외국인들의 재류활동을 조금이나마 후원하고저 현역행정서사들이 무료로 상담회를 10여년간 개최하고 있는 특정비영리활동단체입니다. 상담비용은 일체 무료이며 영어 중국어 한국어로도 상담에 응할수 있습니다. 가벼운 마음으로 찾아오시길 바랍니다 .

  • 날   짜 : 2011년3월23일(수요일)
  • 시   간 : 19:00-20:30
  • 장   소 : 오오꾸보지역센터3층회의실C
  • 주   소 : 신쥬꾸구오오꾸보2-12-7(JR신오오꾸보역 도보7분)
  • 주 최 자  : 특정비영리활동단체(NPO)외국인재류자격연구회
       http://zairyuushikaku.kenkyuukai.omnics.co.jp/

NPO法人「外国人在留资格研究会」是为了帮助住在日本的外国人设立的集体(就是特定非营利活动法人)。而且NPO法人「外国人在留资格研究会」的核心人员都是行政书士。关于在留资格等等相谈会,我们10年以前已经开始的,有10年以上的经验。 关于在留资格等等,你们想相谈的话 不用客气马上来我们那儿相谈吧,那儿常在会说英语,汉语,韩国语的行政书士。相谈就是免费的,不用担心。

日 期 2011年3月23日(星期三)
时 间 从下午七点到八点半
地 方 大久保地域センター3階会議室C
地 址 新宿区大久保2-12-7(JR新大久保火车站下车后走着七分钟)
地图 大久保地域センター
主 办 特定非营利活动法人 外国人在留资格研究会

今日のニュースから。

「ザ・コーヴ」DVDを送り付け=太地町のほぼ全世帯に

これ私的利用を超えちゃってるから、明らかに著作権法違反です。
しかも和歌山県太地町でDVD持ってる家どれくらいあるんだろう?って感じです。